地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、安城の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

安城の地域情報サイト「まいぷれ」

安城市の新型コロナウイルス感染症のニュースやお役立ち情報

新型コロナウイルス感染症に関する安城市の公式ページ、相談窓口や補助金などの支援策、最新感染動向などをお知らせします。

コロナウイルスとは?
 これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀(まれ)です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

 

愛知県内・安城市内の感染者情報

 

●安城市内の感染者情報→安城市公式発表【最新情報】

 

●愛知県内の感染者情報→愛知県公式発表【最新情報】

新型コロナウイルス感染症に対する安城市独自の施策

 

【事業者の方向け】

 ・中小企業等緊急支援金

 ・雇用調整助成金申請支援

 ・信用保証料補助制度

 ・中小企業雇用調整補助事業

 ・新型コロナウイルス感染症対策協力金交付事業

 

【個人の方向け】

 ・水道の基本料金の無償化

 ・安城プレミアムお買物券の発行

《小中学生、高校生、大学生等の皆さん及びその保護者等》

 ・小中学校給食費の無償化

 ・3・4・5歳児の昼食費の負担軽減

 ・緊急奨学支援金の支給

 ・有料自転車駐車場の定期駐車券の無料延長

 ・小中学校GIGAスクール整備事業

 

安城市公式ホームページにて

特別定額給付金のお知らせ【申請受付けは終了しました】

 

 令和2年4月20日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、特別定額給付金事業が実施されることになりました。

 

給付対象者及び受給権者

 ・基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

 ・受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

 

給付額

 給付対象者1人につき10万円

 

申請は令和2年8月20日(木)に終了しました

 

安城市の特別定額給付金コールセンター(電話相談)

 

 電話番号:0566-71-2285

 開設日時:平日のみ。午前8時30分から午後5時15分まで

 

 

詳しくは→安城市公式ホームページ

公共施設の対応について

 

安城市ホームページ参照

補助金などの支援策

 

生活資金の緊急貸付(世帯向け)

対 象  

(1)新型コロナウイルス感染症の影響により休業し、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった世帯

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により失業し、生活再建までの間の生活費が必要な世帯

 →生活福祉資金新型コロナウイルス感染症に係る特例貸付について

 

対 象

 市内に在住する世帯の内、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業などにより緊急かつ一時的な生計維持のため貸付を必要とする世帯

 →安城善意銀行新型コロナウイルス感染症に係る特例貸付について

 

対 象

 令和2年3月分または4月分の児童扶養手当の受給資格者
 ※ただし、現況届等の各種手続きおよび書類の未提出、未審査により資格の更新がされていない者は対象外です。詳細についてはお問い合わせください。

 →安城市児童扶養手当受給対象者特別給付金

 

新型コロナウイルス感染症に関する県・市の支援策(事業者向け)

【安城市】信用保証料補助制度

愛知県信用保証協会を通じて事業資金の借入れを行う際に必要な信用保証料の一部を補助します。また、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、対象の融資制度を利用した事業者に対して、現行に加え、最大100万円の補助を行います。

【愛知県】新型コロナウイルスに関連した中小・小規模企業向けの支援について

《相談窓口など》新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者向け相談窓口

【愛知県・安城市】新型コロナウイルス感染症対策協力金(休業協力金)について(受付終了)

店舗向け支援策

 

新型コロナウイルス感染症対策 相談窓口や補助金など店舗向け支援策まとめ

国・自治体が提供している支援策の中で、個人事業主や小規模店舗に関係があると判断したものをピックアップ→地域のお店の便利帳

新型コロナウイルスでこんな影響が出ているお店の方は当てはまるかも

●お客さんが来ない。

●売上が減った。

●資金繰りに困っている。

●従業員への給料や固定費を払うのも大変。

●やむを得ず従業員を休ませている。

●小学校の休校で従業員が出勤できなくなった。

新型コロナウイルスに感染しないようにするために

 

 感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染です。人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりする等で、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。
 また、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。
 これらの状況を踏まえ、「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒や咳エチケットの励行などをお願いします。

出典:首相官邸ホームページより  

もしかして・・・

 

 次のいずれかに該当する方は、すぐに帰国者・接触者相談センター※にご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

 

●息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合


●重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※) 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方


●上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
※ 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
※ お子様をお持ちの方については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は重症化しやすいため、すぐ帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

 

帰国者・接触者相談センター
電話番号 0566-22-1699
平 日 午前9時~午後5時
夜間・土・日・祝日 オンコール(24時間)体制

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般電話相談窓口

厚生労働省の電話相談窓口

フリー

ダイヤル

0120-565653
FAX 03-3595-2756
土・日・祝日も実施 午前9時~午後9時

 

愛知県保健医療局健康医務部健康対策課

感染症グループ

電話番号

052-954-6272
土・日・祝日も実施 午前9時~午後5時

 

衣浦東部保健所  生活環境安全課

フリー

ダイヤル

0566-21-4797
平 日 午前9時~午後5時

 

 

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード